Spiral Fiction Note’s diary

ライター&「monokaki」編集部スタッフ。「水道橋博士のメルマ旬報」で「碇のむきだし」、「週刊ポスト」で「予告編妄想かわら版」、「PLANETS」で「ユートピアの終焉ーーあだち充と戦後日本の青春」を連載中です。

『ヴェノム』


TOHOシネマズ新宿にてIMAX 3Dで『ヴェノム』を鑑賞。ヴェノムは完全な悪、凶暴な悪というイメージを予告では感じていたが、まあ、『ど根性ガエル』と『寄生獣』をアメコミが、アメリカでマーベルブランドで使ったらこうなりますよねっていう。わりとヴェノム言うこと聞くし、いろんなことを教えてくれるし、腹が減って生きてる生物を食いたがったりもするけど、いいやつなんじゃねっていう。『ブランクパンサー』が良すぎたのか、比べてしまうと凡作。ただ、バディものとして見るとバランスのいい関係であり、いろんな二次創作や妄想がもう生まれているので、これはこれでいいじゃないだろうか。