Spiral Fiction Note’s diary

ライター&「monokaki」編集部スタッフ。「水道橋博士のメルマ旬報」で「碇のむきだし」、「週刊ポスト」で「予告編妄想かわら版」、「PLANETS」で「ユートピアの終焉ーーあだち充と戦後日本の青春」を連載中です。

『アンダー・ザ・シルバーレイク』



昨日、今年のワーストワンな映画を観てしまったので口直しとして『アンダー・ザ・シルバーレイク』をアップリンクで。
毎週『週刊ポスト』に書いてる連載「予告編妄想かわら版」で今週取り上げた『アンダー・ザ・シルバーレイク』を。書いた以上お金もらってるし観ないとなあ、とも思う。ただ、毎週予告編観てオチとか妄想してることの意味不明さはあるけど、来年の六月ぐらいまで続いたら百回になる。そのぐらいの固まりになると謎な映画コラム集の断片にはなるのかなあ。

作中にはLAに行った時に間違えてアスレチックコースを一時間以上かけて登ったグリフィス天文台(ララランドに出てくるあれね)も出てくるけど、アスレチックコースも出てきて親近感。天文台から「HOLLYWOOD」の文字が見えた。あの文字の後ろに隠された○○があるぞみたいな都市伝説みたいな話を聞いたことあるけど、そういう要素てんこ盛りだった。
すっげえわかりやすく言うとゼロ年代の『メフィスト』『ファウスト』出身の佐藤友哉西尾維新舞城王太郎が書いてきた世界観、ミステリーをハリウッド、LAに舞台を移してより都市伝説的な要素強めた作品って言えるんじゃないかなあ。