Spiral Fiction Note’s diary

ライター&「monokaki」編集部スタッフ。「水道橋博士のメルマ旬報」で「碇のむきだし」、「週刊ポスト」で「予告編妄想かわら版」、「PLANETS」で「ユートピアの終焉ーーあだち充と戦後日本の青春」を連載中です。

『1987、ある闘いの真実』


 新宿三丁目副都心線で出てシネマート新宿に。前に予告編を見て気になっていた韓国映画1987、ある闘いの真実』初回を鑑賞。TCGカードで千円の日だからかすごいお客さんが開場を待っていた。ネット予約だったのですぐに発券したが8割近くが六〇歳オーバーだった。

 韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマであり、『お嬢さん』のメインだったハ・ジョンウとキム・テリのふたりも出てるし、『タクシー運転手』のいいおじさんだったユ・ヘジン、『殺人者の記憶法』や『名もなき野良犬の輪舞』の内野聖陽にも大杉漣にも似ているソル・ギョングとこの一、二年でこの映画よかったなって作品に出てる人ばっかりだった。

 タイトルの通り1987年の韓国の話だが! しかし、見ていればこれは今の日本なんじゃないかとしか思えなくなる。国家権力と大統領によって歪められる真実、弾圧と改竄にやりたい放題な政治、もちろん暴力もそのために行使される。今の日本に置き換えても成立する話だ。
 だが、この作品に出てくる検事や新聞社(メディア)と市民はそんなやつらに暴力を振るわれ、圧力をかけられながらも法を遵守し、本当のことを報道するという使命がある。市民はデモを起こして奮起する。ある青年もメインキャラとして出てくるが彼の実際の写真もエンディングで見ることができる。ああ、羨ましいと思ってしまった。

 日本人はやさしいのではなく、村社会の中で目立たないようにして思ったことは場を乱すならば個人の意見は言わない。大きな強いものに従う。次第におかしいことが当たり前になって、そのことを指摘すると村八分にされる。きっと、個人の権限とか自由みたいなものが定着しなかった結果が現在だ。
 この映画の大統領や南営警察のアカ狩りに執念を燃やすパク所長のように自分に都合が悪いものは改竄し、真実をなかったことにして違うことをまるで正しい歴史に置き換えて、自分たちが間違っていなかったように変えてしまう。

 今の日本の政治もなにもかもが対応年数が終わったのに持続させようとして無理が出て来たことを隠そうとして、どんどん膿が漏れだしている。この映画を見て、なにも思わない人は、現在の日本について疑問も浮かばない人はもう救いようがないと僕は思う。