Spiral Fiction Note’s diary

ライター&「monokaki」編集部スタッフ。「水道橋博士のメルマ旬報」で「碇のむきだし」、「週刊ポスト」で「予告編妄想かわら版」、「PLANETS」で「ユートピアの終焉ーーあだち充と戦後日本の青春」を連載中です。

『寝ても覚めても』


 シネクイントで朝十時の回を鑑賞。
 かつての恋人(鳥居麦:東出昌大)にそっくりな人(丸子亮平:東出昌大)に出会った主人公の泉谷朝子(唐田えりか)は彼とやがて付き合いだすという話だが、麦と朝子の出会いも一気になにもかもが吹っ飛ばされるように出会い付き合い出すのが大阪編、友達も含めて学生時代を謳歌していたが、突如麦がいなくなる。
 物語は二年数ヶ月後に飛び、東京の喫茶店で働いている朝子が麦と瓜二つの亮平に出会う。最初は避けるような朝子だったが、次第に二人は付き合うようになる。そして、東人大震災が起きる。五年後、同棲している二人。そこに....。

 好きだった人にそっくりな人が現れたら人は絶対に動揺する。そして惹かれた時に顔が似ているから好きなのかどうかという悩みが生じてしまう。物語の最後の三十分ぐらいか、いなくなったはずの麦が現れることによる朝子が暴走する、かなり彼女の気持ちについていけなくなって、その行動による周りの人間の気持ちというのもよくわかる。
 なんだろうな、もはやそれは問題ないのかもしれない。感情が揺れ動いていくのだから。あと、震災後に仙台とかの復興祭の手伝いを朝子と亮平がしているのだが、そこにいるおっさんが仲本工事さんで、最初全然わからなかった。

 引っかかるのは震災、あの時帰宅難民になった人は多かった。僕自身も当時付き合っていた彼女が実家には帰れずに新橋から数時間かけて歩いてうちまで来た。だから、路上で亮平と朝子が帰宅難民が歩いている中で出会うのはいい、わからなくもないし、そうなるでしょうよ。あの時いろんな場所であんなドラマは確かに、間違いなくあったのだから。が、復興祭というボランティアがなんだか唐突でもある。現実を代入するのは悪いことではないが、なんだか恩着せがましい気がしてしまう。
 そこに加えて麦と朝子が付き合い始めた頃に一緒に遊んでいた岡崎(渡辺大知)がある病気になっているのだが、あの岡崎と彼の母、懐かしい思い出がある岡崎家に朝子が訪れるシーンはどこか感動ポルノのような居心地の悪さがある。その後の朝子の行動と亮平の気持ちとどう彼女と対するかということを考えると観てる人の感情はいやでも揺さぶられる。だが、それはいいことなんだろうか。


仲本工事 77歳 今だから語る「いかりやさんとの“バカ兄弟”が一番難しかった」
http://bunshun.jp/articles/-/8757

77歳 仲本工事が語る“ドリフ秘話”「加藤は天才、志村は秀才」の理由
http://bunshun.jp/articles/-/8758

↑この仲本さんのインタビューすごくよかった。

“カンヌ女優”唐田えりかが感動した「仲本工事さんの声」
http://bunshun.jp/articles/-/7311?page=3
主演の唐田さんのインタビューにも仲本さん話が出てきてた。