Spiral Fiction Note’s diary

ライター&「monokaki」編集部スタッフ。「水道橋博士のメルマ旬報」で「碇のむきだし」、「週刊ポスト」で「予告編妄想かわら版」、「PLANETS」で「ユートピアの終焉ーーあだち充と戦後日本の青春」を連載中です。

『ダンケルク』


 観て思ったのはあの場にいたら僕は死んでいただろう、立場や所属が違う人がいたら自分が助かりたいために船から降りろと言ったり同意するだろうてことだった。戦争でなくてもそうならないために他人と自分の尊厳と生きることや差別について考えていかないと繰り返すものにただ巻き込まれていく。だから怖いし考えていかないといけないと思わせてくれる作品だった。今までの戦争映画とは違う感覚を持っている作品であり、物語のおおまかな筋はあるにしてもそこに自分がいるような感覚になるのであまり物語がどうこうというよりも生き抜くために右往左往するというか。あと、こういう時はただそこに立っているかどうかとか運の要素がデカすぎてどうにもならないということを見せつけられるようなことも含めて当事者性を持たせてしまう作品なのかなあ。