Spiral Fiction Note’s diary

ライター&Webサイト編集スタッフ。「水道橋博士のメルマ旬報」で「碇のむきだし」、「週刊ポスト」で「予告編妄想かわら版」、「PLANETS」で「ユートピアの終焉ーーあだち充と戦後日本の青春」を連載中です。

『少女邂逅』


 アップリンクにてMOOSIC LAB 2017のFで公開されている『少女邂逅』を鑑賞した。妄想PことミスiDの小林さんにオススメされたので、内容も知らずに観た。



 だいぶ前に主演の保紫萌香さんがリリシュシュごっこですって画像をツイッターで見ていたが、この作品は『リリイシュシュのすべて』からリリイシュシュを抜いて、『打ち上げ花火、下から見る か?横から見るか?』の電車と可能性の先の話を百合に近い雰囲気でやっていると観ながら思った。そうだとか思えなかった。どう考えてもこの枝監督て人は思いっきり岩井俊二監督フォロワーに違いないと思った。
 終了後にスポッテッドプロダクションズの直井さんにご挨拶してお話ししたらやっぱりそうだった。ロケ地が群馬の高崎て、リリイシュシュやないか! 沖縄旅行したい話もリリイシュシュやないか(笑)。だから、かつて『リリイシュシュのすべて』に惹かれたりなにかを感じた人にはグッとくるし、このやり方があったんだ〜て感じもした。
 『打ち上げ花火』のアニメ映画よりも断然こちらのほうが岩井監督世界観が濃密だったし、引き継がれてる気はする。しかしながら、主演の二人の画力がすごい。まあ、リリイシュシュでいうと市原隼人忍成修吾というメインの二人の役割だが、沖縄には行かないから星野がダークサイドには落ちないが、ひとりの少女がひとりの少女によって狭い場所から出ていく。蚕の繭から飛び立つかどうか。主人公の二人の少女は互いのシャドウだから、そうなる。リリイシュシュのラストとは違うけど少女が大人になる儀式とその犠牲についての物語。